前へ
次へ

個人間取引で不動産物件を買うメリットとデメリット

不動産物件を買うことを検討しますと、手数料が気になってしまう事があります。
特に仲介手数料を気にしている方は、とても多いです。
物件価格によっては、ややまとまった金額になるからです。
ところで購入する時の費用を節約したい時には、個人売買という選択肢もあります。
不動産の物件は専門業者から購入するケースが多いですが、個人から直接買う方法もある訳です。
個人間の取引になりますと、手数料はかなり低めに抑えられる傾向があります。
仲介業者を通じて契約する訳ではありませんから、仲介手数料を支払う必要もなくなるからです。
また個人間取引ですと、消費税もかかりません。
ですから費用は節約できますが、リスクもあります。
不動産物件を購入しますと、虫害などのトラブルが生じる事もたまにあります。
個人間の売買ですと、その責任は相手に帰属する訳ではありません。
仲介会社を通じて物件を買うのと異なり、自己責任になってしまいます。
そのリスクが気になる時は、仲介会社から不動産物件を買うのがおすすめです。

Page Top